前立腺肥大症の治療薬一覧はこちら

前立腺肥大症と診断されたら

 

どんな薬で治療していくのでしょうか?

 

前立腺肥大症は良性の腫瘍ですが、

 

前立腺肥大症を疾患としてお持ちの人は

 

前立腺がんの可能性が高まる統計もあります。

 

何かおかしいな?と思ったら

 

必ず病院を受診しましょう。

 

前立腺肥大症の治療薬はどんなものがある?

 前立腺肥大症の治療薬にはいくつかの種類があります。

 

a1アドレナリン受容体遮断薬

前立腺肥大症に一番よく使われるお薬です。

 

前立腺や膀胱の緊張を緩めたり、過剰な収縮を抑える薬です。

 

効果が早いものの、めまいや起立性めまいが副作用として

 

現れることがあります。

 

5a還元酵素阻害薬

大きくなってしまった前立腺を小さくするお薬。

 

前立腺が肥大してしまう原因が、

 

男性ホルモンの5a還元酵素によりジヒドロテストステロンという物質に変化させて

 

前立腺が大きくなると考えられています。

 

そのため、原因となる5a還元酵素の働きを抑えて前立腺の肥大を抑えます。

 

抗アンドロゲン薬

 肥大してしまった前立腺を小さくする目的で

 

使われる治療薬です。

 

精巣からも男性ホルモンが出ていますが、

 

精巣から出る男性ホルモンの分泌を抑えて

 

前立腺に渡るのも抑制する効果があります。

 

ホスホジエステラーゼ5阻害薬

主に排尿障害を改善する薬。

 

前立腺、膀胱、尿道の緊張を緩めて

 

排尿の悩みにアプローチしてくれる薬です。

 

漢方薬・生薬

 

漢方薬生薬も前立腺肥大症の抑制に効果があるとされています。

 

自然由来の成分なので、医薬品に比べて効果はゆっくりです。

 

生薬ですとノコギリヤシはヨーロッパでも医薬品として認められた

 

成分です。

 

自然成分由来なので効果は遅くても副作用がほとんどないのがメリットです。

 

 

前立腺肥大症psaとは?

PSAとは、前立腺で作られる特殊なたんぱく質の一種。

 

前立腺組織がしっかり機能していれば

 

血液に漏れ出ることはありません。

 

しかし、前立腺に異常があるPSA数値に現れます。

 

どのぐらいのPSA数値でどんな病気が疑われるのか

 

調べてみました。

 

前立腺肥大症のPSA数値の見方

はじめに断っておくと、

 

前立腺肥大症のPSA数値が高値だからといって

 

すぐに前立腺がんとは結びつきません。

 

人間の体はその時の調子により数値は変化するもので、

数字は絶対的ではありません。

 

 

目安として記載していきます。

 

■PSA数値が陰性

 

・・・PSA数値が1.0ng/ml以下であれば陰性になります。

 

ただし、PSA数値が基準値以内だから前立腺がんではない、

 

とは断定できません。

 

毎年の検査数値が上がってくるようであれば注意が必要です。

 

■PSA数値がグレーゾーン

 

・・・4.1ng/ml~10ng/mlはグレーゾーンになります。

 

グレーゾーンの25%~30%の割合いで前立腺がんが見つかると言われています。

 

注意が必要なのが、

 

PSA高値=前立腺がんではありません。

 

前立腺の他の病気でも数値は高くなります。

 

■PSA陽性

 

・・・数値としては10.1ng/mlはPSA高値として陽性になります。

 

特に20ng/ml以上だと90%の確率で前立腺がんの可能性があります。

 

こういった場合は直腸診や超音波検査を行い、

 

組織を直接採取して生検し、がんかどうか確かめます。

 

 

前立腺肥大症に効く漢方薬や生薬はある?

前立腺肥大症に漢方薬や生薬は効果があるんでしょうか?

 

前立腺肥大が軽度であればまずは漢方薬を服用して

 

様子を見るのもいいかもしれません。

 

代表的な漢方薬や効能を調べてみました。

 

前立腺肥大症に効果のある漢方薬は?

前立腺肥大症に効能があると考えられている

 

漢方薬で代表的なのが、

 

「八味地黄丸」です。

 

八味地黄丸は、排尿困難、排尿痛、むくみ、尿量多量あるいは減少

 

これらの症状に効果があるとされています。

 

この漢方薬の飲み方ですが、

 

成人で一日3回、食前または食間に白湯などで服用します。

 

1回3錠以上、15歳未満は1回2錠以下で服用します。

 

漢方はどのぐらいで効果が出るの?

漢方薬は病院の薬と違い、自然由来の成分ですから、

 

効能を実感できるまである程度時間が必要です。

 

早くて3か月、半年間は飲み続けて様子を見ます。

 

自然由来成分がほとんどですが、まれに副作用が出ることもあります。

 

用法用量副作用などの相談は漢方薬局でしっかり行ったほうが安心です。

 

前立腺肥大症は漢方やサプリでしっかり予防!

前立腺肥大症が重症であればまずは病院が先決です。

 

ただ、ごく軽い尿もれや切迫尿意であれば、

 

漢方やサプリメントでしっかり予防していくことも

 

良い方法です。

 

漢方は先ほども説明しましたが、

 

サプリメントで代表的なのがノコギリヤシ

 

ノコギリヤシ前立腺肥大を正常化してくれる有効成分です。

 

ノコギリヤシはヨーロッパでは実際に病院で使われている

 

医療用成分なので信頼できますね。

 

こういった予防の意味で漢方やサプリを使用するのも良い方法です。

 

 

前立腺肥大症で血尿は出る?

前立腺肥大症で血尿が出ることはあるんでしょうか?

 

血尿が出るととても心配ですよね…

 

詳しく調べてみました。

 

前立腺肥大症で血尿は出る?

前立腺肥大症の症状として血尿が出る、とは直接結びつかないようです。

 

前立腺肥大症だから血尿が出ることもある、といったイメージですね。

 

前立腺肥大症は男性ホルモンが変化するにつれ、

 

前立腺が大きくなってきます。

 

大きくなった前立腺が血管をふくらませ、

 

それにより出血し血尿になるケースがあります。

 

前立腺肥大症と血尿を考える時、

 

ほかの症状も併発していないか?を見るといいですね。

 

・尿が出しくい・力まないと尿が出ない

・いつも残尿感がある

・トイレに間に合わず、尿を漏らしてしまう

 

こういった症状で日常生活に支障が出るものを

 

前立腺肥大症と認めます。

 

他に気をつけたい血尿の出る病気

前立腺肥大症による血尿なのか?

 

他の病気の可能性は?

 

こればかりは素人判断は危険です。

 

念のため、血尿の出る病気を知っておきましょう。

 

膀胱がん・・・膀胱に腫瘍が出来るがんです。高齢者に多いとされています。

 

血尿・下腹部の痛み・頻尿・切迫尿意など

 

結石・・・激痛・血尿・嘔吐感・排尿時の痛み

 

腎炎・・・発熱・だるい・吐き気・血尿・食欲不振

 

など。

 

ただ「血尿」といっても考えられる病気はこんなにあるんですね。

 

血尿が出たからといって一概に前立腺肥大症とは結びつけられません。

 

血尿自体異常なので早めの病院受診をおすすめします。

 

 

前立腺肥大症の診断基準は?

前立腺肥大症は男性のみの病気。

 

実は歳を取るごとに前立腺は肥大する傾向にあります。

 

前立腺が肥大するのは、30代から始まり、

 

50代で約30%、60代で約60%、70代で約80%。

 

80代では約90%もの人が前立腺肥大が認められる、

 

という統計があります。

 

では、前立腺肥大症の症状にはどんなものがあるんでしょうか?

 

前立腺肥大症の症状は?

 前立腺肥大症には明確な症状があります。

 

種類ごとに分けて紹介していきます。

 

排尿困難

排尿困難にもいろいろあります。

 

・尿が出にくい

・尿に勢いがない

・尿が別れる

・排尿しているのに尿が途切れる

 

などがあります。

 

蓄尿症状

前立腺肥大症の患者さんの多くは頻尿の症状があります。

 

日中に8回以上、夜寝た後に1回以上トイレに起きてしまうのが

 

頻尿です。

 

「おしっこがしたい」と思ってからトイレに行くまでに間に合わなくて

 

尿を漏らしてしまったり、何度も尿意をもよおしたり。

 

いつも尿意に切迫感があることを過活動膀胱といいます。

 

過活動膀胱は膀胱の感受性が敏感になってしまい、

 

尿意が我慢できません。

 

こういった過活動膀胱を前立腺肥大症の人は多くが併発します。

 

これも前立腺肥大症の可能性があるパターンですね。

 

残尿感

おしっこが終わっても、尿が残っている感じがする、

 

下着に残った尿がしみてしまう…

 

こういったのを残尿症状といいます。

 

前立腺肥大症の患者さんは残尿感を感じるケースも多いです。

 

 

前立腺肥大症の術後血尿が出ることはある?

前立腺肥大症の手術を受けて、

 

血尿はどのぐらいの期間出るのでしょうか?

 

前立腺肥大症の手術を受ける可能性が高くなったので

 

心配になってきました。

 

 

詳しく調べてみました。

 

 

前立腺肥大症手術後の血尿は心配いらない?

手術後の血尿が出る期間は?

前立腺肥大症の手術後は一般的に血尿は出るようです。

 

尿道前立腺手術と言われる手術方法ですが、

 

術後に血尿が出るのは普通です。

 

 

多くの患者さんが、一週間から二週間ほど血尿が続くのも普通です。

 

 

基本的にバイクや自転車の激しい運動は避け、

 

日常生活は普通に送っていいと医師からの指導があります。

 

 

血尿が出るからといっても心配いらなくて、

 

いずれ血尿は収まります。

 

前立腺肥大症の手術後の尿で注意したいこと

 

前立腺肥大症の手術後に血尿が出るのは一般的ですから、

 

心配いらない症状なのですが、

 

逆に手術後に心配するべき症状としては

 

尿が出ないことです。

 

大量出血すると、尿を出すことができません。

 

つまり、

 

赤ワインのように赤くても、

 

血の塊が尿と一緒に出てきても、

 

尿さえ出すことができれば、

 

前立腺肥大症の手術後の状態としては問題ないようです。

 

 

でも、やはり素人判断は危険ですから、

 

何かおかしいな?と思ったら主治医にきちんと相談しましょう。